調味料の薬膳的見解 砂糖

はい、みなさん、こんにちは。

薬膳食育アドバイザーのGYUGYUママです。

薬膳的見解シリーズも大詰めにきましたよ。

今日は毎日、皆さんが大量に摂取しているであろう

「お砂糖」について語ってみたいと思います。

薬膳を語るうえで重要なポイントは大きく2点。

五味と属性です。

砂糖は五味でいうと、もちろん「甘」です。

属性は白砂糖は「涼」です。

ちなみに黒糖と麦芽糖は「温」に属します。

今日はレギュームソースに使用しております

「白砂糖」について語りますね。

「甘」の食品は

*胃、脾臓によい。

(はい、ここはおばあちゃんの知恵袋と思ってきいてください。)

*滋養強壮作用

*緊張を緩め痛みを和らげる

と、あります。

糖分はブドウ糖、オリゴ糖が含まれ、脳や肝機能の栄養になると言われています。

疲れが溜まったときや、体の弱い子どもやお年寄りには

消化、吸収が良い糖分を与えると、早く疲労回復になるそうですよ。

病院では、ぶどう糖の点滴をしますよね。

なんだか砂糖に関して、イメージが良くなってきましたね!

しかしながら、とりすぎると

*腎臓、膀胱、耳、胃が弱くなる。

(だって、人体が消化吸収を頑張らなくていいから

だんだん退化しますよね。)

そして!(ここ重要)

*体がだるくなる。

*太る。

*髪が抜ける

絶対にイヤだ~~~!!!

「甘」で「涼」の食品って結構あるんですよ。

フルーツ全般はだいたいそうです。

野菜でもきゅうりなどの瓜系はそうです。

やはり、何事もほどほどに

バランスが大事ですね!

糖分は三大栄養素の炭水化物にあたります。

お料理の隠し味にもよく使われ、

美味しさ、うま味をひきだします。

上手に糖分とお付き合いしたいですね!

では(^▽^)/