調味料の薬膳的見解 塩

今日は、レギュームソースの副原料

「お塩」について薬膳的に語ってみたいと思います。

五味でいうと、塩または鹹(読み かん、塩辛いという意味です。)

この鹹の特徴は

*しこりを和らげる

*粘膜を潤わす

*便秘の改善 などがあります。

属性は、体を冷やして熱をとる「寒性食品」になります。

寒性食品は鎮静効果や炎症を抑える性質を持つと言われます。

粘膜を潤わすとありますが、とりすぎると

水分を奪い、結果として高血圧を招くそうです。

よく「減塩」と言う言葉を聞きますが、

何事もバランス、ほどほどがよいみたいですね。

「お塩」については、Dainig 義々 こだわりがありまして

精製した塩化ナトリウム塩は使わず

全て粗塩を使用しております。

レギュームソースはもちろんですが、

お客様に「塩ちょうだい。」と言われた時には

ピンクソルト 岩塩を提供しております。

粗塩は海水を煮詰めて精製されたもので

海のミネラル類を含んでいます。

ミネラルによってお塩に「うま味」を感じたり

より素材の味を引き出してくれる役割があるようです。

またミネラルには代謝を高める働きがあるので

精製された塩化ナトリウム塩より、粗塩の方が

摂取した塩分が順調に消化吸収、そして排出されるそうですよ。

おばあちゃんの知恵袋が出ましたところで、

今日のところはここまで~

では、また(^▽^)/