主原料 調味料ついて薬膳的見解 「酢」

みなさん、こんにちは。

GYUGYUママです。

前回はたまねぎの薬膳的見解について

記事を書いてみました。

今回はレギュームソースの原料に使われます

調味料について書いてみたいと思います。

先ずはお酢。

酸、苦、甘、辛、塩の五味で言うと

もちろん「酸」になります。

「酸」に属する食品の薬膳的特徴は

「血液浄化、解毒作用、体を引き締める、下痢や頻尿によい。」

と、されています。

そう言えば、梅酢は昔からお腹が痛くなった時に

飲むといいと聞きますね。

おばあちゃんの知恵袋みたいになってきました。

なんだかね、こう言う記事を書くときに、

今は大人の事情で、「効果がある。」や「効く。」

なんて言葉を使っちゃいけないんです。

ママ、使ってないかな???

ドキドキ

すみません。お話が逸れました。

ママのお話しはおばあちゃんの知恵袋と思って読んでくださいm(__)m

「お酢」はたまねぎ同様

体を温める温性の食品でもあります。

人類が最初に作った調味料だそうですよ!(豆知事①)

銅を溶かすので、お料理する時に銅の鍋は使わないでね!(豆知識②)

そして、この温性で酸に属するお酢は

とりすぎると胃を弱くします。

お気をつけくださいm(__)m

科学的に言うと、

酢酸が、体の中でアミノ酸やクエン酸になると

細胞内のミトコンドリアに働いて

エネルギーを生み出すそうですよ。

疲れた時は、栄養ドリンクのアミノ酸ドリンク飲みますよね。

おばあちゃんの知恵袋では

「疲れた時は酸っぱいものを食べる。」

以上でーす(^▽^)/