調味料の薬膳的見解 砂糖

はい、みなさん、こんにちは。

薬膳食育アドバイザーのGYUGYUママです。

薬膳的見解シリーズも大詰めにきましたよ。

今日は毎日、皆さんが大量に摂取しているであろう

「お砂糖」について語ってみたいと思います。

薬膳を語るうえで重要なポイントは大きく2点。

五味と属性です。

砂糖は五味でいうと、もちろん「甘」です。

属性は白砂糖は「涼」です。

ちなみに黒糖と麦芽糖は「温」に属します。

今日はレギュームソースに使用しております

「白砂糖」について語りますね。

「甘」の食品は

*胃、脾臓によい。

(はい、ここはおばあちゃんの知恵袋と思ってきいてください。)

*滋養強壮作用

*緊張を緩め痛みを和らげる

と、あります。

糖分はブドウ糖、オリゴ糖が含まれ、脳や肝機能の栄養になると言われています。

疲れが溜まったときや、体の弱い子どもやお年寄りには

消化、吸収が良い糖分を与えると、早く疲労回復になるそうですよ。

病院では、ぶどう糖の点滴をしますよね。

なんだか砂糖に関して、イメージが良くなってきましたね!

しかしながら、とりすぎると

*腎臓、膀胱、耳、胃が弱くなる。

(だって、人体が消化吸収を頑張らなくていいから

だんだん退化しますよね。)

そして!(ここ重要)

*体がだるくなる。

*太る。

*髪が抜ける

絶対にイヤだ~~~!!!

「甘」で「涼」の食品って結構あるんですよ。

フルーツ全般はだいたいそうです。

野菜でもきゅうりなどの瓜系はそうです。

やはり、何事もほどほどに

バランスが大事ですね!

糖分は三大栄養素の炭水化物にあたります。

お料理の隠し味にもよく使われ、

美味しさ、うま味をひきだします。

上手に糖分とお付き合いしたいですね!

では(^▽^)/

 

 

調味料の薬膳的見解 塩

今日は、レギュームソースの副原料

「お塩」について薬膳的に語ってみたいと思います。

五味でいうと、塩または鹹(読み かん、塩辛いという意味です。)

この鹹の特徴は

*しこりを和らげる

*粘膜を潤わす

*便秘の改善 などがあります。

属性は、体を冷やして熱をとる「寒性食品」になります。

寒性食品は鎮静効果や炎症を抑える性質を持つと言われます。

粘膜を潤わすとありますが、とりすぎると

水分を奪い、結果として高血圧を招くそうです。

よく「減塩」と言う言葉を聞きますが、

何事もバランス、ほどほどがよいみたいですね。

「お塩」については、Dainig 義々 こだわりがありまして

精製した塩化ナトリウム塩は使わず

全て粗塩を使用しております。

レギュームソースはもちろんですが、

お客様に「塩ちょうだい。」と言われた時には

ピンクソルト 岩塩を提供しております。

粗塩は海水を煮詰めて精製されたもので

海のミネラル類を含んでいます。

ミネラルによってお塩に「うま味」を感じたり

より素材の味を引き出してくれる役割があるようです。

またミネラルには代謝を高める働きがあるので

精製された塩化ナトリウム塩より、粗塩の方が

摂取した塩分が順調に消化吸収、そして排出されるそうですよ。

おばあちゃんの知恵袋が出ましたところで、

今日のところはここまで~

では、また(^▽^)/

 

主原料 調味料ついて薬膳的見解 「酢」

みなさん、こんにちは。

GYUGYUママです。

前回はたまねぎの薬膳的見解について

記事を書いてみました。

今回はレギュームソースの原料に使われます

調味料について書いてみたいと思います。

先ずはお酢。

酸、苦、甘、辛、塩の五味で言うと

もちろん「酸」になります。

「酸」に属する食品の薬膳的特徴は

「血液浄化、解毒作用、体を引き締める、下痢や頻尿によい。」

と、されています。

そう言えば、梅酢は昔からお腹が痛くなった時に

飲むといいと聞きますね。

おばあちゃんの知恵袋みたいになってきました。

なんだかね、こう言う記事を書くときに、

今は大人の事情で、「効果がある。」や「効く。」

なんて言葉を使っちゃいけないんです。

ママ、使ってないかな???

ドキドキ

すみません。お話が逸れました。

ママのお話しはおばあちゃんの知恵袋と思って読んでくださいm(__)m

「お酢」はたまねぎ同様

体を温める温性の食品でもあります。

人類が最初に作った調味料だそうですよ!(豆知事①)

銅を溶かすので、お料理する時に銅の鍋は使わないでね!(豆知識②)

そして、この温性で酸に属するお酢は

とりすぎると胃を弱くします。

お気をつけくださいm(__)m

科学的に言うと、

酢酸が、体の中でアミノ酸やクエン酸になると

細胞内のミトコンドリアに働いて

エネルギーを生み出すそうですよ。

疲れた時は、栄養ドリンクのアミノ酸ドリンク飲みますよね。

おばあちゃんの知恵袋では

「疲れた時は酸っぱいものを食べる。」

以上でーす(^▽^)/

レギュームソースの主原料 タマネギ 薬膳的見解

こんにちは!ぎゅうぎゅうママです。

ママは薬膳食育アドバイザーでもあります。

タイトルは硬くなりましたが

多くのご家庭に常備がある「たまねぎ」

保存がきいて、年中価格も安定して

色んな良いこといっぱいの

この優等生!

改めて、その良さを知ってから

食べることで、医食同源 食養生がかないますよ。

春が旬のたまねぎは温熱性食品に属します。

体を温めて、冷えを解消し、新陳代謝を盛んにすると言われます。

味覚を 酸、苦、甘、辛、塩 の五味にわけると

たまねぎは 辛味に属します。

切ると、涙がでますよね!

あれは、辛み成分の硫化アリルが目を刺激するからなんです。

薬膳において辛味は

*肺、大腸、鼻に作用する。

*体を温めて、発汗、血流促進作用がある。

と言われています。

じゃあ、これから暑い季節には向かないの?

って思いますよね。

ご安心ください。

体を温める辛味食材は、たくさん食べると

逆に「発汗しすぎて体を冷やす。」

陰の作用もあります。

熱い季節にお勧めのレギュームソースの食べ方は

*生野菜のドレッシングとして!

寒くなってきたら

*加熱した食材にソースとして彩を添えて!

蒸した鶏肉、ソテーしたキノコにもあいますよ。

夏が近づくこれからの季節は

冷蔵庫に一本、無添加のお野菜ドレッシング

「レギュームソース」を!

お野菜でお野菜をたくさん食べてくださいね(^▽^)/

 

 

 

 

 

 

レギュームソース誕生秘話

みなさん、「酢たまねぎ」って知っています?

数年前、テレビや雑誌で紹介されて一時期流行っていましたね。

今で言うところの「酢キャベツ」ですかね。

当店オーナーも、健康に気を使うお年頃ですので、早速飛びついてました(^^)

わかさ夢ムック「酢タマネギ食養生強化大全」より抜粋

「効果の第一は疲労回復で、酢酸と硫化アリルでエネルギーが作られ、だるさばかりか精力減退まで撃退」p56.

お酢の酢酸とタマネギの成分(硫化アリル、フラクトオリゴ糖)を合わせると様々な

利点があるそうです。

では、そのタマネギを抗酸化物質‘アントシアニン‘たっぷりの

赤玉ねぎにしてみては?

色々とレシピを考えた結果、ピンク色のドレッシング

「レギュームソース」が誕生しました!

初めはお店でサラダに添えて提供していたところ、お客様より

「購入したい。」「お友達にプレゼントしたい。」との反響がありましたので、

商品化に至りました。

数年前、酢キャベツブームが先に来ていたら、レギュームソースは

誕生しなかったかも・・・ですね(^▽^)

 

 

みずみずしい新玉ねぎのシーズン到来!

レギュームソースの主原料は玉ねぎです。

鮮やかピンク色のレギュームソースですが、これ、なんと、奥様方、、、

天然の色素!無着色なのですよーーー!!!

それが故、シーズンに応じてお色が若干、変わってきます。

新玉ねぎのシーズンは、まるで満開の桜のやうな優しいピンク色でございます。

あくが少なく、みずみずしい新玉ねぎは、水にさらさずそのままスライスにして

ポン酢や三杯酢をかけてお召し上がりになることが多いのではないでしょうか。

そんな新玉ねぎを主原料にしたこの季節のレギュームソースは

さっぱりとしたみずみずしいお味が特徴でございます。

今後とも義々GYUGYUの看板娘 桜色のレギュームソースを

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m